笑顔 - 眉間のシワ - 笑顔。

笑顔 - 眉間のシワ - 笑顔。

 

本日はこれ!

 

久々の練習。

 

最初に感じたのは

 

「楽しそう」

 

だった。

 

サッカーが好きで

サッカーに魅了され

今に至るメンバー。

 

 

始めたばかりの気持ちを思い出すかのように

みんなの楽しそうな笑顔は

グランド中に。

 

見ているこっちも幸せになるくらいのものだった。

 

コロナ禍で大変なことばかりだったが

 

この事だけは

忘れていたものを取り戻す貴重なきっかけになった。

 

 

17年前

母校へ戻ってきた時

「サッカーを楽しむこと」

を一番に教えたかった。

 

ずっとそのモットーは変わらないが

結果がついてこない時期が続くと

何とか勝てせなくてはという

脅迫概念に駆られ

根本を忘れてしまっていたのかと思ってしまう。

誰もが自分が可愛いから

そんな事ないって思うけど

 

実際

オレの「楽しむ」と

選手の「楽しむ」に

ギャップがあった事は否めないし

それをコントロールできなかったのも事実。

 

どっちが正解とかじゃなく

もっと上手く引っ張ってあげれたと後悔しかない。

 

 

 

でも

考えはいつも同じ

 

サッカーを楽しむ事

その先には「向上心」が現れる

そして

勝ちたいという欲が出る

すると

楽しむことから「挑戦」に変わる

すると

難易度が上がるから上手くいかないことが増える。

ここで

眉間にシワが寄る。

 

そのシワをどう伸ばせるか。

 

ここからが

俗に言う

強いチーム

弱いチーム

そして

意識の高い人間

低い人間

に分かれる。

 

その先の

シワの先の楽しさに気づけた人間だけが

「結果」を出す。

 

それは単に戦績だけではない。

人間力が倍増する。

 

 

オレはその作業をもっとするべきなんだ。

ただ

頭にある

サッカーを楽しむことを理解させてからもう一度スタートするべき。

 

 

やるべき事は

この期間から学んだ。

 

 

さらば自粛期間

ありがとう自粛期間。

オレはまた強くなった。

 

 

では

また。