vs 不動産訪問

ついさっきの話である。





ピンポーン

玄関モニターによく登場する
「ピッチリ七三できる男風」だった。

なんじゃこいつと気になってたから、すぐさま対応。

(A・オレ    73・七三分け男)

A・はい
73・あっ、やっとお会いできましたね。不動産のご紹介です。
A・いや、会えてないけどね(笑)
73・早速ですが賃貸をやめて家を買うという計画はございますか?
A・だいぶ唐突だな。ないよ。
73・それはなぜですか?
A・は?言う必要ないでしょ。
73・えっ?なんでですか?何か心配事でも???


この時オレは思った、こいつはうざい   と。




A・心配事なんてないよ。あっても言わねぇけど。
73・心配事がないなら、是非お話を。では一番時間の取れる日とその時間帯はいつですか?

A・は? なんでオレがお前の話聞く前提の設定なんだよ?
お前すげーな。

73・え、え、え?どうしたんですか?何が心配なんですか?この辺り訪問販売多いんですか?



この時オレは思った、こいつはうざい   と。




A・訪問販売多くねぇよ。何が心配かと言ったらお前だよ。
73・何をそんなに心配なされてるんですか?私はあなたがゆっくり時間の取れる曜日を聞いているだけですよ。ゆっくり話しましょう。

A・(笑)それだよ。それが心配なんだよ(笑)なんでオレのゆっくりした時間教えなきゃいけねぇーんだよ。お前半端ねぇな。

73・困りましたね〜。今が忙しいということですか?だからしっかり時間の取れる日をきいているんですけど。

A・お前いよいよだな。
A・この時間がもったいねぇんだよ。お前と話してるこの時間で他のことできるだろ?

73・(沈黙)


A・あっ、言うの忘れた。

73・はい!なんでしょう?(テンション上昇)







A・気をつけて帰れよ。

73・え?

A・帰れ  って言ってんだよ。もう何回か言おうか?







こうして七三分けは退散。外にはもう1人いたね。あいつらなんなんだろう。全く動じない感じ。ああいう選手1人はいてもいいな(笑)
試合中ね(笑)

普段だったら完全頭おかしいやつだから。







馬鹿には馬鹿って言ってやろう。


一人暮らしの皆様お気をつけて〜!!