ベストバウト。

いきなりだが


ここで今までのベストバウトをいくつかご紹介しよう。
い、いきなり過ぎる(笑)






まずは〜PRIDE〜から

IQレスラーこと「桜庭和志」vs戦慄の膝小僧「ヴァンダレイ・シウバ


この2人は計3度の対戦をしてるんだけど、結果は桜庭の0勝3敗。(打撃なしルールを入れると4戦1分け)
グレイシー狩りから注目を浴びた桜庭は全選手から狙われる的になっていた時代だね。
そもそも階級が違うから当日になると体重差は半端なかった。そりゃあパンチの重さも変わってくる。
とにかくあの敗戦を受け入れるのには時間がかかった。

今でも桜庭の寝技は世界一だと思う。それにやられないようにタックルを切りパンチを出すシウバ。たまらんねあの緊張感。第2戦を見に行ったけど入場で泣いた(笑)









続いては〜K1〜から

反逆のカリスマ「魔裟斗」vs「佐藤嘉洋

この試合先にダウンしたのは魔裟斗。佐藤は魔裟斗超えを常に狙ってたから相当気合い入ってたね。能力差はあったけどダウン後は実際きついのに、そこからの魔裟斗の鬼みたいな巻き返しはマジ鳥肌。
見る価値あり。










魔裟斗戦でもう一つ

vsクラッシャー「川尻達也

この選手は立ち技のK1の選手ではなくMMA(総合格闘技)の選手。
川尻は、超合筋、ラストサムライと呼ばれたK1戦士「武田幸三」を破り放送席にいた魔裟斗に試合のオファー。その時の魔裟斗の顔ったらまぁエグい(恐)
そこから舌戦が始まり、団体を超えた決戦ってことでピリピリ感半端ない状態が続く。舞台は日本武道館。(両国国技館と勘違い)
結果は全てで圧倒した魔裟斗の勝利だったけど、あの緊張感は・・・・・吐きそうだった。
動画は煽りのVTRから見てください!





TKOの瞬間、もちろん椅子から立ち上がりスーパージャンプ!!興奮冷めやらぬまま座ろうとしたら、日本武道館の椅子は映画館のような椅子になってるため、立ち上がると椅子も畳まれる。よってスーパージャンプ後の椅子はそこにはない。そんなことはつゆ知らず、勢いのまま着席・・・・見事に背中を椅子の裏側に擦り付けられ流血(笑)周りの魔裟斗ファンを興奮と笑いに巻き込んだ一戦でした。










続きまして 〜ボクシング〜



これは言葉はいらないです。動画みてください。
「男」「魂」「不屈」そんな試合です。





最後に最近の試合
若き天才 那須川天心vsアマチュア5冠の男 藤田たいせい(笑)  違うわ!  たいせいちゃう(笑)
 藤田大和です。




最近あったMMAルールの試合。
お互いにキックとボクシング出身の試合なのにMMAでの対戦。
とにかく速い!スピード感という意味では久々にど迫力!!階級は重くないからスピードは出るけどそんな中でもマジ速い。
今後の日本を支えていってほしい2人ですね。








ってなんじゃこのブログ。

オレは誰なんだ(笑)










今のんびり千葉にいます。





ガッツリ考える時とアホみたいに休む時と、オレには両方必要なんです。



それでは。