優先順位を上回る悪しき習慣。

ずっと

人の助けを借りて来た人間は苦しい時に人の手を借りようとする。

つまり自分では何もしない。というより何も出来ない。
それが当たり前だから。


でも本来
優先順位わかった上で
自分の考えや行動が必要だと理解していればこんなことにはならない。

結果
マジで何も頭に入っていないか
本当に最低な習慣がこびり付いているか
のどちらか。

オレらがうまくいっていないと思っていることをそう思っていないか・・・

これか?






ギャップ半端ない。




オレのサッカーが理解できていないということ。
技術がついていかず実践できない

のいずれか。




結果
理解から実践まで
時間がかかるということ。


よって
あと2試合何が何でも勝たないと
オレの頭の中は理解できないし
理解させてあげられない。

















オレは
このサッカーをやる上で「謙虚」な気持ちは一切ない。




ま、選手見てサッカーを変えられない指導者は2流なんだろうけど。

2流で結構。
2流が選手を1流に持っていけるか勝負です。













コーチングって難しい。

与えるだけは最低な行為なんだね。